ITマネジメント推進活動 研究会スケジュール

HOMEITマネジメント推進活動研究会スケジュール研究会スケジュール 詳細

第4期 スマートデバイスビジネス活用研究会 モバイルワークスタイルの研究

2014smart04bunner.png
会期・会場
開催期間 : 2014年6月~10月(期間中5回開催)
会場 : 日本能率協会ビル 研修室 (東京都港区)
参加対象
○ 情報システム部門情報戦略担当・責任者
○ 情報戦略子会社情報企画担当責任者
○ 経営企画部門情報戦略担当・責任者
費用
区分 参加費(1名様・税込)
企業情報化協会会員
コンタクトセンター推進協議会会員
162,000円
一般 183,600円

★ 2名以上申込み参加の場合は、追加1名につき会員97,200円(税込)、一般108,000円(税込)となります。
★ 現地見学会参加に係る交通費・宿泊費は各自ご負担となります。

開催概要
タブレッド型情報端末やスマートフォンに代表されるスマートデバイス(モバイルデバイス)が普及するとともに、クラウドコンピューティングやソーシャルネットワークサービス(SNS)、ユニファイド・コミュニケーションの進展と連動し、企業におけるワークスタイルが大きく変わろうとしています。
一方で企業内での活用に際し、既存の社内インフラとの連動や整合性、従業員のリテラシーやモラル維持も含めたセキュリティ対策など、検証や検討すべき事項は山積しております。
今回の研究会では、これまで3期にわたって開催した「スマートデバイスビジネス活用研究会」を継承し、より広く発展的なテーマを扱うようサブテーマとして「モバイルワークスタイルの研究」を掲げました。
モバイル関連の最新技術動向とビジネス活用の可能性について、識者や先端企業の実務家より情報提供を行い、ワークスタイルの変革をもたらす新しいITパラダイムの到来について研究討議を行います。
同時に、本研究会へ集われる高い関心と強い問題意識をお持ちの方々との交流を通じて、自社における有効な活用方法について有益な情報収集と交流の場として参りたいと考えております。

パンフレットはこちらです ⇒ 第4期 スマートデバイスビジネス活用研究会 パンフレット (775.82 KB)

プログラム
第1回 2014年6月16日(月)
<講演1>
<委員長基調講演>
スマートデバイス・BYOD推進の実態と評価 そして今後の展望

全日本空輸株式会社
上席執行役員
幸重 孝典 氏
(第4期スマートデバイスビジネス活用研究会 企画委員長)

<講演2>
話題の最先端テクノロジー
ウェアラブルコンピューター最新動向
~解説と実機(Google Glass)体験~

株式会社野村総合研究所
IT基盤イノベーション事業本部
基盤ソリューション企画部
主任コンサルタント
鷺森 崇 氏

第2回 2014年7月23日(水)
<講演1>
海外モバイル通信環境の実態
~海外進出における日本との違いの解説~

NTTコミュニケーションズ株式会社
第二営業本部 ソリューションマーケティング部門
第三マーケティング担当 担当部長
駒走 聡昭 氏

<講演2>
スマートデバイスから基幹システムまでを統合する
ユニファイドコミュニケーションの研究

丸紅情報システムズ株式会社
日本アバイヤ株式会社

第3回 2014年8月25日(月)
<講演1>
スマートフォンを活用した列車内のお客様への案内業務強化

西日本旅客鉄道株式会社
執行役員 IT本部長
児島 邦昌 氏
(第4期スマートデバイスビジネス活用研究会 企画副委員長)

<講演2>
ウェアラブルデバイスの今後

湘南工科大学
情報工学科 教授
堀越 力 氏

第4回 2014年9月12日(金)13日(土) 現地見学会 (札幌ドーム)
★ 現地見学会
「チケットレス入場認証システムの構築と運用事例の研究」

株式会社札幌ドーム
(平成21年度 ITフロンティア賞受賞)

2014smart04sdome.png
第5回 2014年10月16日(木)
<講演1>
スマートデバイス機器更改の勘所

エーザイ株式会社
エーザイ・ジャパン
戦略企画部 インフォマティクス推進室
開發 寛 氏

<講演2>
BYOD導入企業の実態と今後の動向について

NTTコミュニケーションズ株式会社
ソリューションマーケティング部門
第三マーケティング担当 担当課長
藤平 武巳 氏

参加申込
このセミナーのエントリーは締切りました。