ITマネジメント推進活動 表彰制度

HOMEITマネジメント推進活動表彰制度

公的機関として、IT化の促進・活性化に寄与“IT賞”

IT賞は、わが国の産業界ならびに行政機関などの業務における事業創造、効果的ビジネスモデルの構築・促進、生産性向上等、“ITを高度に活用したビジネス革新”に顕著な努力を払い成果を挙げたと認めうる企業、団体、機関および個人に対して、公益社団法人企業情報化協会が授与するものです。(昭和58年3月に設定した「OA化・情報化優秀企業・機関・事業所等表彰制度」に則って創設された「OA賞」をもとに、平成13年度から「IT賞」と名称変更して、現在に至っています。)
わが国におけるIT活用の高度化の促進に寄与すべく、受賞された企業・団体・機関・個人の成果は、当協会を通じて広く社会に公表いたします。

IT賞 ロゴ
平成28年度 第34回 IT賞 応募要領・申請用紙

※応募要領および申請用紙は受付フォームより申請してください。

IT賞 -Information Technology Award- の概要

賞の種別

IT賞は、その理念や目的ならびに展開の範囲・特性等によって、以下の賞が設定されます。

※授与する賞の名称は、審査対象・内容によって、その成果や性格を端的に表すものに変更されることが有ります。
※各賞に当該しない場合でも、その成果について将来性・発展性が認められる場合については、「IT奨励賞」を授与することがあります。
1.IT総合賞 経営とITの効果的な融合により、企業活動の戦略的展開を実現し成果を挙げた企業・団体・機関等で、この取り組みが現状および将来にわたり他の模範となると認定された場合に授与します。
2.ITビジネス賞 ITを効果的に導入・活用することにより、ビジネス活動における戦略的優位の実現や事業の拡大・創出による経営貢献について、顕著な成果をあげたと認定された場合に授与します。
3.ITマネジメント賞 ITを企業活動に効果的に適合させることにより、効率化の実現はもとより、企業体質の変革や生産性の飛躍的向上を達成し、経営革新の手段として優れた活用を実現したと認定された場合に授与します。
4.IT特別賞 活動内容において、他社には無い際立った特徴や先駆的な技術を活用し成果をあげたものに対し特別賞を授与いたします。 過去の受賞例
  • IT特別賞(IT推進部門賞)
  • IT特別賞(業務改革推進賞)
  • IT特別賞(IT人材育成賞)
  • IT特別賞(グローバル推進賞)
  • IT特別賞(ITフロンティア賞)
これまでのIT賞受賞企業と受賞理由

応募について

  • IT賞への応募を希望される方は所定の申請用紙に必要事項をご記載の上、メールにて事務局あてに送信ください。
    (平成28年度の締め切りは8月10日です。)
  • 応募にかかる費用は無料です。
  • IT賞は、企業・機関・団体の規模、業種に関わりなくご応募いただけます。
  • IT賞は、過去のOA賞・IT賞を受賞された企業・機関・団体においても、その水準が向上したと認められた場合、
    再応募可能です。
平成28年度 第34回 IT賞 応募要領・申請用紙

※応募要領および申請用紙は受付フォームより申請してください。

審査の方法および日程

  • IT賞委員会が定める審査規定に則り、審査委員会による書類審査ならびヒアリング審査が実施されます。
    応募の締め切りは平成28年8月10日(水)、受賞企業の発表は10月中旬を予定しています。
    その他スケジュールの詳細は募集要項をご覧ください。
  • 表彰式典ならびに受賞記念講演は、2017年2月開催予定の小会主催「第32回IT戦略総合大会」会期内にて開催いたします。

情報化月間表彰への推薦

経済産業省をはじめとする関係6府省(内閣府、総務省、財務省、文部科学省、国土交通省)は、毎年10月を情報化月間と定め、 情報化に関する普及・啓発を重点的に行っています。毎年、月間記念行事として情報化促進貢献個人・企業等・情報処理システムに関する表彰等を実施しています。小会では、IT賞受賞企業の中より、同表彰への推薦を行っています。 過去の情報化月間表彰企業

IT賞「Super SE 100人衆(IT優秀個人表彰)」について

小会では平成26年度より、IT賞受賞企業の中から特に顕著な活躍・貢献したと思われる個人を選出し、Super SE 100人衆として表彰いたします。
毎年5名から10名程度をめどに選出し、最終的には100人を目指します。

Super SE 100人衆とは
  • IT賞受賞企業からの人材候補者の推薦をベースに選定。人材候補は自社社員に限らずIT推進のパートナーからも選出。ただし、事業や企業の経営者の地位・役割ではなく、IT関連の実務家として卓越している人材を推薦するという視点から選定します。
  • Super SE選出には毎年5名~10名をめどに行い、対象者の数を増やしていくことを目指し、最終的には100名を目指します。なおある程度の蓄積が得られたら、IT協会において「IT上質人材像」の具体化のための研究に結び付けていく予定です。
  • 受賞者の推薦理由をIT活動領域とタイプ別のマトリックス(推薦シート)の上にプロットし、どのような行動様式や思考様式を持った人材がどのような業績をあげるかという関係性を分析します。これによって、現実的かつ経験的に辿ることができる卓越人材のスキル特性を描写することを最終目標とします。
Super 100人衆選考の視点
  1. ビジネスやマネジメントに関する独自の視点やアイデアの発揮
  2. 企業価値、商品価値向上に資するIT活用アイデアの提供と具現化
  3. 顧客もしくは自社における新たなビジネス創出への関与と貢献
  4. ユーザの業務に対する本質的な理解
  5. 安全・安心・コンプライアンスの遵守への貢献
  6. プロジェクトマネジメントスキルおよびリーダーシップ
  7. ITの動向や活用に関する理論・技術への見識と適用
人材像を理念型として描く時には往々にして期待される全ての特性や能力を備えた「スーパーマン」を求めるような議論になりがちですが、ここでは上に述べた七つの視点の全てを兼ね備えた「幻の人材」を探し求めるのではなく、七つの視点(七芸)の中の一芸・二芸・三芸に秀でた実在する人材を探し、そこから理念型としての理想人材を想定いたします。
IT賞「Super SE 100人衆」選考結果と選考理由
平成26年度第32回IT賞「Super SE 100人衆」選考結果(386KB)
平成27年度第33回IT賞「Super SE 100人衆」選考結果(334KB)

応募に関するお問い合わせ/応募先

公益社団法人企業情報化協会 IT賞審査委員会事務局

〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-2-2 住友商事竹橋ビル15階
TEL:03-3434-6677 FAX:03-3459-1704
E-MAIL:info@jiit.or.jp

表彰制度
IT賞/カスタマーサポート表彰制度

「IT賞」「カスタマーサポート表彰制度」「サービス・ホスピタリティ・アワード」を制定し、優れた成果を挙げた企業・団体を表彰。業界の発展・推進に寄与いたします。

資格取得制度
トレーナーの資格取得(ITSS準拠)

コンタクトセンター/ヘルプデスク

トレーナー育成をご検討の方へ (法人限定)

資格証明書イメージ JIIT認定マーク ライセンス取得コース
  • 無料説明会・相談会/会員交流会
  • 会員情報プラザ
  • 書籍のご紹介
  • リンク集
お問い合わせ

TEL: 03-3434-6677受付:月~金 9:00~17:00

WEB: お問い合わせ

公益社団法人 企業情報化協会(IT協会)

〒100-0003
東京都千代田区一ツ橋1-2-2
住友商事竹橋ビル15階 MAP
会員専用マイページ
Get ADOBE READER