第4期IoT for ビジネス革新コンソーシアム~デジタルトランスフォーメーションにより創出された情報革命を勝ち抜く方法とは~

開催にあたって

あらゆる物・コトのデジタル化や可視化とコネクティビティを前提としたIoT(Internet of Things)は、第4次産業革命とも称えられ、モノ作りを初めとする経営革新に大きな影響を与えることが予想されます。また、サプライチェーン・バリューチェーンを中心とした各種連携や今後のグローバル化のキィファクターとして注目を浴びています。

これらの変革は、企業戦略においても従来のIT戦略から、人、モノ、コトをつなぎ、新たなビジネスを創出し、また新たな価値を創造する戦略への変換を促す、デジタルビジネス戦略への移行をもたらします。

本コンソーシアムはこのIoT利活用によるデジタルビジネスへの変革を担い、今後の更なる経営革新のための主軸としての活躍が期待されている情報部門が今後取り組むべき課題・実現方法について議論を深めてまいります。

第4期「IoT for ビジネス革新コンソーシアム」提言

国内IoT活用推進のための3つのポイント

  • point01

    将来価値を見据え、「長期視点に立ったデジタル化への投資を進めよ!」

    いままでの戦略は「既存市場での競争に勝つ」ことを命題に立案し、採算性を優先した投資が進められた。

    これからの戦略は「新たなビジネスモデルによる価値創造」を実現することが命題であり、新たな基準で評価された創造投資が求められている。

  • point02

    VUCA時代、「事業戦略を実現するためにはアジャイルで取り組め!」

    VUCA時代はビジネスプロセスのスピードをはやめ、事業戦略をアジャイルに実行することが求められる

    ビジネスプロセススピードを高めるため、デジタル変革を軸に業務を変革し、デジタル時代に合わせた組織文化、体制、評価制度を構築せよ

  • point02

    新しい価値を創造するために、「競合同士でもエコシステムを構築せよ!」

    デジタル化とは新しい価値をつくることで生き残ること。今の競争戦略にこだわると(今の市場だけをみた勝利のための取り組みだけを行うと)企業は衰退し消滅する。

    生き残るためには自前主義を排除し、産業間、異業種間、同業種とエコシステムを構築し、新しい価値を創造する共通のプラットフォームを作る(この指とまれ方式)。そして個社の独自性をそのプラットフォームに載せることが肝要。

研究会プログラム

本プロジェクトにおける見どころ、聞きどころ

聞きどころ1

デジタルビジネス変革への挑戦

JR東日本、ANAなど歴史ある企業がこれからのデジタルビジネス時代をどうリードしていくのか、実践事例とともにご披露いただきます。
聞きどころ2

新進気鋭のデジタルビジネス実践企業における事例発表

SOUSEI Technology

家を中心としたあらゆるユーザー体験をデザインしています。設立6年で注文建築棟数奈良県最大級の住宅ビルダーとなったSOUSEI株式会社の知見を活かし、施主様と住宅会社様を結ぶマイホームアプリ「knot」、住宅をIoTでアップデートするHOME OS「v-ex」などの開発を行っています。

ファーストグループ

Maas実現を目指し、車検や定期点検、保険、買い替えなど自動車にまつわる顧客の情報を一元管理し、要望や行動を人工知能(AI)で予測して顧客に応じた提案を最適化するサービスを展開しています。

モネ・テクノロジーズ

トヨタとソフトバンクが共同で設立したモビリティサービス企業。ホンダ・日野自動車の事業参画や多くのメーカーやサービサーと業務提携を行い、MaaS実現のためのプラットフォームを展開しています。

みどころ1

一次産業におけるデジタルビジネスへの挑戦(現地見学)

一次産業におけるデジタルビジネス化に取り組んでいる高知県へ訪問し、現地で行われている実践内容を体験いただきます。
みどころ2

参加者による共創アクティビティ

本プロジェクトは座学だけのプロジェクトではありません。実践的事例を参考にし、現在のデジタルビジネスに対する理解度・正確度を測るデジタルビジネスチェックシートを皆さまと共に作成いたします。
第1回7月18日(木)【基調講演】デジタルビジネス変革への挑戦
基調講演 JR東日本のイノベーション
東日本旅客鉄道株式会社 常務取締役
太田 朝道 太田 朝道氏
参加企業による共創アクティビティ デジタルビジネス推進のために
企業として必要な知識とはなにか?
デジタルリテラシーチェックシート作成

デジタルビジネスにおける理解度・正確度を測るため、各回にご発表いただく事例を参考にしつつ、リテラシーチェックシートを参加者ご自身で作成いただきます

第2回8月21日(水)テーマ:発想と技術革新によって生まれたデジタルビジネス(製造・住宅)
講演 1 駿河精機が挑戦するスマート工場実現への取り組み
ミスミグループ 駿河精機株式会社
OST企業体ステージ事業部 事業部長
深沢 直仁
講演 2 住宅ビッグデータ『HaaS』のインパクト
株式会社 SOUSEI Technology
代表取締役 CEO
乃村 一政
第3回9月24日(火)テーマ:デジタルビジネス時代のアジャイル
講演 1 ANAにおけるDXの取り組み
全日本空輸株式会社
デジタル変革室 イノベーション推進部 部長
野村 泰一
講演 2 アジャイル活用における現状と課題
Scrum Inc. Japan 株式会社 代表取締役社長
荒本 実
第4回10月15日(火)ヘルスケアのデジタル化現状
特別講演 医療ロボット『ダヴィンチ』を中心とした
最新デジタル医療現場


NTT東日本関東病院泌尿器科部長
志賀 淑之 医師
講演 2 医療・健康・介護分野における ICT 利活用の推進
総務省情報流通行政局
情報流通高度化推進室 室長
飯村 由香理
第5回11月21日(木)〜22日(金)【現地視察】一次産業のデジタルビジネスへの挑戦in 高知県
現地見学in 高知、愛媛
高知県における
産業デジタル化・IoT化への取り組み

ご挨拶 高知県知事
尾崎 正直
高知県の一次産業における
IoT、AI等のデジタル技術を活用した現場視察
  • 高知県IoT推進ラボ研究会
  • 四万十市トマト園芸団地
  • 他 一拠点見学予定
第6回12月17日(火)テーマ:発想と技術革新によって生まれたデジタルビジネス実践事例
講演 1 デジタル時代の常識「プラットフォーム戦略」
Sansan株式会社
デジタル戦略統括室 室長
柿崎 充
講演 2 中小企業におけるデジタルトランスフォーメーションの実践と課題
~田舎の自動車修理工場がMaaSで地域経済を活性化~
株式会社ファーストグループ
代表取締役社長
藤堂 高明
第7回2020年1月16日(木)テーマ: 共創の視点とデジタルビジネスが拓く未来とは
クロージングセッション Mobility Innovation
モネ・テクノロジーズ株式会社
ご講演者調整中
共創アクティビティ デジタルビジネス・リテラシーチェックシート
報告会

各社にて実施いただいたデジタルリテラシーチェックシートの結果の報告をいたします。

※上記スケジュールは、変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

開催概要

会 期 【第1回】2019年 7月18日(木)14:00〜17:00(18:00まで親睦会)
【第2回】2019年 8月21日(水)13:30〜17:30
【第3回】2019年 9月24日(火)13:30〜17:30
【第4回】2019年10月15日(火)13:30〜17:30
【第5回】2019年11月21日(木)〜22日(金)
【第6回】2019年12月17日(火)13:30〜17:30
【第7回】2020年 1月16日(木)13:30〜17:30(18:30まで親睦会)
参加対象 ◆ IT・情報システム担当役員
◆ IT・情報システム部門管理責任者
◆ 経営企画部門担当役員・責任者
◆ ユーザ系情報子会社経営者・経営幹部
◆ 利用部門のIT・システム化推進担当者
主 催 IT協会(公益社団法人企業情報化協会)
後 援 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)、
特定非営利活動法人itSMF Japan、一般社団法人情報サービス産業協会(JISA)、
特定非営利活動法人ITコーディネータ協会(ITC)、一般社団法人日本テレワーク協会、
一般社団法人日本能率協会 (以上申請予定)
メディア協賛 IT Leaders

参加申込

  • 下記参加申込フォームボタンよりお申し込みください。 折り返し、メールにて参加証をお送りいたします。