第6回情報セキュリティシンポジウム

(公社)企業情報化協会では、2月26日の新型コロナウイルス感染症対策政府方針発表を受けまして、
「第6回情報セキュリティシンポジウム」の開催方法および開催日を変更し実施することといたしました。

ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

1.開催方法について

Web経由によるオンライン公開といたします。事前登録いただいた方々に
後日URLとID・パスワードをお送りいたしますので、公開期間中にご視聴いただけます。
※パソコン、スマートフォン、タブレットからご覧いただけます。

2.開催日および期間

【シンポジウムの開催(オンライン公開)期間】
第6回情報セキュリティシンポジウム
3月17日(火)10:00~3月19日(木)17:00まで

以上

本件に関するお問い合わせ先
公益社団法人 企業情報化協会(IT協会)
シンポジウム事務局
〒105-0011 東京都港区芝公園3-1-22日本能率協会ビル
E-mail:info@jiit.or.jp TEL:03-3434-6677
視聴方法 事前登録制
公開期間 2020年3月17日(火)10:00~3月19日(木)17:00まで
参加費用 無料
主  催 公益社団法人企業情報化協会
後 援(予定) 独立行政法人情報処理推進機構、一般社団法人情報サービス産業協会、
特定非営利活動法人ITコーディネータ協会、株式会社インプレス(以上申請予定)

シンポジウム プログラム

特別講演

グローバル視点から見た日本のサイバーセキュリティ対策の課題

特定非営利活動法人CeFIL 理事 / DBIC共同創設者
特定非営利活動法人ITサービスマネジメントフォーラムジャパン 副理事長
サイバー犯罪捜査・調査ナレッジフォーラム共同設立者 理事
西野 弘

西野 弘
日本電気株式会社 Security by Design 3.0で見えてくるFuturevision

ベンチャー系システムインテグレータでネットワークエンジニアを経て、専門学校グループを運営する学校法人に転職、組織のセキュリティコントロールをする傍ら、司法、防衛関連のセキュリティトレーニングを手がける。 2018年よりNEC、セキュリティ技術センターでNECグループ全体のセキュリティの技術面を牽引している。

デジタルビジネスプラットフォームユニット
サイバーセキュリティ戦略本部
セキュリティ技術センター長
淵上 真一

株式会社インターネットイニシアティブ メールセキュリティのための標準
~今、取り組まなければならい最新の技術~

迷惑メール対策推進協議会 座長代理、技術 WG 主査
Japan Anti-Abuse Working Group (JPAAWG) 会長
株式会社インターネットイニシアティブ

ネットワーククラウド本部
アプリケーションサービス部
担当部長
櫻庭 秀次

櫻庭 秀次
株式会社インターネットイニシアティブ

基調講演 1

TOKYO2020に向けたサイバーセキュリティ対策
~脅威の現状と対応~

公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
チーフ・インフォメーション・セキュリティ・オフィサー(CISO)
坂 明

ドコモ・システムズ株式会社 組織化・産業化したサイバー攻撃との闘い
~ドコモの企業情報を守るセキュリティ責任者が語る、今、何が現場で起こっているのか!?~

クラウド事業部
クラウド開発部長 兼
セキュリティオペレーションセンター長
宮本 英典

宮本 英典
NPO 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)/情報セキュリティ教育事業者連絡会(ISEPA)/
一般財団法人日本サイバーセキュリティ人材キャリア支援協会準備会(JTAG)
セキュリティ人材の見える化がもたらす可能性
~JTAGスキル可視化による
キャリアデザインから組織つくりまで~

ISEPA JTAG認定WGリーダー
一般財団法人日本サイバーセキュリティ人材
キャリア支援協会準備会 事務局長
大槻 晃助(株式会社 ラック)

大槻 晃助
NTTコミュニケーションズ株式会社 企業価値を高めるゼロトラスト時代の
サイバーリスクマネジメント
~経営者が認識し、現場が具現化すべき5つの視点~

経営企画部
マネージドセキュリティサービス推進室 室長
セキュリティ・エバンジェリスト
竹内 文孝

株式会社電通国際情報サービス サプライチェーンのセキュリティリスク見える化を
実現するには?
今注目のスコアリングサービスご紹介

自社は勿論、相手のセキュリティリスクを点数化することによりセキュリティリスクを管理するスコアリングサービスが注目されております。
本セミナーでは、スコアリングサービスとは、どのようなものなのか、また米国で多くの実績を持つ「SecurityScorecard」 の紹介を致します。
なお、スコアリングサービスについては、先日ガートナーが発表した「今後取り組むべきセキュリティプロジェクトのトップ10」にも“セキュリティ評価サービス(SRS)”として選出されたことから、一層、注目度を集めています。

金融ソリューション事業部
営業企画部 戦略アライアンスグループ
赤澤 卓真

赤澤 卓真
株式会社電通国際情報サービス
株式会社NTTデータ

※公開期間中、関連資料についてはダウンロードが可能となります。

日本ヒューレット・パッカード株式会社 エッジコンピューティング時代の、サイバーセキュリティ
~ハードウェアから考えるセキュリティー対策~

ハイブリッドIT事業統括
プロダクトアーキテクト統括本部
ハイブリッドIT技術本部
本部長
及川 信一郎

及川信一郎

シスコシステムズ合同会社 境界対策からゼロトラストへ

マルチクラウド環境でのアプリケーション利用、ネットワークのソフトウェア化、働き方改革の普及等により、インフラ、データ、アプリケーションおよびユーザの分散が加速しています。一方、技術革新の基盤であるIT環境において、デジタル資産とそれを使用する人々を保護することで、企業、組織はより効果的にイノベーションを実現、継続することができます。従来の境界線は消滅し、複雑化するIT環境でワークプレイス、ワークフォース、ワークロード、3つの観点で信頼を確立するシスコのゼロトラストアーキテクチャについてご説明します。

セキュリティ事業
テクニカルソリューションズアーキテクト
木村 滋

木村 滋
シスコシステムズ合同会社

基調講演 2

DX時代に向けたサイバーセキュリティ政策

内閣官房
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)内閣審議官
三角 育生

三角 育生

※敬称略。プログラム内容は変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。プログラムテーマは一部仮題を含みます。

参加申込

無料!! ※要事前予約
  • 下記参加申込フォームボタンよりお申し込みください。 折り返し、メールにて参加証をお送りいたします。